RSS

2019年12月11日(水)

つくって、つかって、たのしんで(4年生図工)

 図工室からギコギコという音が聞こえてきました。図工室をのぞいてみると、4年生の子供達が木の板をのこぎりを使って切っていました。「つくって、つかって、たのしんで」という内容の図工の授業です。子供達は、木の板を思い思いに切って、絵の具で色を塗り、部品を組み合わせてペン立てや小物入れなどを作っていました。中には、切った部品から何を作ろうかと考えている子も。単元名にあるように、作品が完成したら実際に使ってみて、楽しむことがゴールのようです。
 さて、この後、どのような作品に仕上がるのでしょうか。今後が楽しみです。

ホームページ用
このページのトップへ