RSS

2019年11月29日(金)

子供たち先生方も算数の勉強をしています

 本日、6時間目に算数の校内研修を行いました。
 今回は、茨城大学教育学部附属小学校の佐々木先生をお招きし、本校の5年生の子供たちに授業を行ってもらいました。
 授業では、たし算、引き算、かけ算の3つの筆算とわり算の筆算を比較し、「なぜ、わり算の筆算だけ違う形なのか」という問いからはじまり、世界のわり算が紹介され、世界のわし算の筆算の仕組みを探っていくことで、日本おわり算の筆算の仕組みを学び直していくという内容でした。子供たちは、見たこともない筆算に興味を示し、世界のわり算も日本のわり算も同じ仕組みであることを発見していきました。
 子供たちの主体的に学ぶ姿、対話的に学ぶ姿が見られました。
 
 私たち教職員も佐々木先生から授業づくりについて講話をいただき、研修を行いました。
 来年度、学習指導要領が新しくなります。
 新しい学習指導要領の実施に向けて、これらか大切にしたい授業づくりの視点について学ぶことができました。

ホームページ用
このページのトップへ